トップページ >こどものアトリエとは?>こどものアトリエとは?

こどものアトリエとは?

梅雨明け

2018/6/29  絵画教室 こどものアトリエ

 今日、梅雨が明けたと気象庁から発表がありました。例年になく早い梅雨明けです。
 絵画教室では月間で予定を立てますが、季節に因んだ行事などをテーマにするようにしています。例えば、雨の季節の6月には傘のデザインをする、とか、3月に小田急線に新しい車両GSEが走るようになったのですが、そのときは、『小田急線GSE』を牛乳パックで作りました。
 今年はお天気が続いているので、星空をテーマに据えました。7月1週目は星座を自分で考えて描きます。2週目は星空のオブジェを作ります。雨の季節が終わって星空の季節になりました。七夕もきっと晴れるでしょう。絵画教室 こどものアトリエ にも楽しい夏がやってきました。

 

22年目 こどものアトリエ

おかげさまでアトリエは今年で22年目になります。


絵画と工作を中心に据えて
制作は自分で考えさせるという事に重きをおいております。

子供達はそれぞれ個性的で自由闊達に活動しています。

私たちは制作のサポートする事を大切にして
子供の意思を尊重します

今日もこの狭いアトリエでは大勢の賑やかな声が響いて
笑顔が溢れています。


こどものアトリエとは?

絵画教室 こどものアトリエ


こどものアトリエとは、世田谷代田の駅前の商店街の端にある
小さな絵画造形教室です。
描くことの楽しさ、作ることの喜びをこども達と共感し
成長を見守りたいとの思いから始め、今年で15年になります。


こどものアトリエでは身近な素材や材料を使って作品を作り
その作品を生活にとり入れることを大切にしています。
背伸びや無理強いはせず
こどもの自然な発想と能力を
あるがままに受け止めようという姿勢を貫いてまいりました。
こども達をサポートしながら
少しずつ知識の幅を広げ技術の向上を目指していますが
何よりもアートを楽しむことが第一と考えます。