トップページ > 制作風景>

クリは生では食べられません。

絵画教室  こどものアトリエ

一昔前なら、ここ世田谷でもクリの木を見ることができましたが、さすがに最近では難しくなりました。
今回のクリは会員のお母様のふるさとから頂きました。

クリのイガはまだ黄緑色で、はっとするほど美しい佇まいでした。

お陰様で、とても良い作品が出来上がりました。

イガに入っているクリを見るのも初めての子供達も沢山います。イガを触ると痛い!ということも知りました。

いきなり食べようとした子がいました。

『クリは茹でたり焼いたりしないとたべられないよ。』

見た目は同じですから、食べようとしても不思議ではありません。

自然からの賜り物を有り難く戴く、という気持ちも子供達に伝えたいとおもいました。

                                                  (青木孝子)