トップページ > 制作風景>

スケッチ遠足ー神奈川県立 生命の星・地球博物館

絵画教室ーこどものアトリエー夏休みスケッチ遠足

『本物の力』

動物にしろ、恐竜にしろ、普段アトリエでは、写真を参考にしてイメージを膨らませて描きます。
然し、当然限界があり、子供達にとっても難しい作業です。

アトリエでは『どうかくの?』と尋ねてくる子供達が、スケッチ遠足では黙って無心に描きます。
私たちはただ見守るだけ。

博物館の恐竜の骨(レプリカですが)や標本の持つ本物の力が、子供達を導いてくれているように思います。

スケッチ遠足は私たちにとっても良い勉強です。  


8月、アトリエは『進学準備クラス』『大人のアトリエ』を除きお休みです。
9月は3日から始めます。                                 (青木孝子)  
 
P7300249.JPGP7300220.JPG